松本人志、天才の苦悩を吐露! 「生まれ変わったら笑う側に回りたい」

  • 2011/06/20(月) 17:46:10

パチプロが教える ※ザクザク勝てるパチンコ塾!


ぜひ、詳しい内容をホームページでご確認下さい
↓公式ホームページはこちらをクリック↓
⇒ パチプロが教える勝ち組を目指すメインテキスト


本日の関連記事はこちら↓
... すぐにお小遣いをせびって、パチンコ行って負けるんですよ。しまいにはホテルのフロントの人に借りてました」とのこと。野見さんは携帯も解約されており ...
つづき
(この記事は映画(cinemacafe.net)から引用させて頂きました)


本日の関連アイテムはこちら↓
 


本日の「yahoo知恵袋」パチンコ関連記事はこちら↓
パチンコに、何万と使うのが、遊びと言えるのでしょうか?パチンコはギャンブルでは、無いとしてますが、換金所もパチンコ店の敷地内にあり、 パチンコ店の換金所に泥棒がはいられたのを、パチンコ店が警察に連絡するという事事態、おかしいです。教えてください。違法ですよね

- 回答 -
世界にはもっと大きな様々なギャンブル場が存在し、日本には1回に何万円何十万円、いやそれ以上賭けることが出来る公営ギャンブルがあります。

過去から人の集まるところには大なり小なりの「賭け事」があります、どの国家も基本的にこれを禁止せざるを得ないイデオロギーを持ちます。

ギャンブルには争い・搾取・破滅など多くの不幸を生み出します、やらなければ良い訳ですがそうはいかないのです、大勢の人の持つ「業・・・ごう」ですから、もちろん興味を持たない人も見えるのですが、その人からは理解出来ない世界です。

原因は誰もが「ギャンブル」にどうしようもならない魅力を感じ、それを主催するものには必ず「勝てる・・儲ける」仕組みがあります。

以前の回答のコピペですが、上記を踏まえて読んで下さい。

賭博(ギャンブル)は確かに違法行為です。

ただし公営ギャンブルは特別法にて認可されています、それではパチンコ・パチスロはと言うと「風適法」の規制のなかで営業認可されておりますが、そこでの換金が認められている訳でなく、その事実があれば間違いなく法律違反になります。

法的にはパチンコ・パチスロ機の扱いはあくまで「遊技機」であり、景品単価1万円までならOKです。

そして玉やコインを外で買い取るという事が予想されるため、玉やメダルの営業所外への持ち出しまでも禁止され、都道府県条例においては、第三者による景品の買取行為を勧誘したり援助したりすることを禁止されています。

そのため、パチンコ屋がお客の出玉を景品と交換・お客は換金所で景品と現金を交換・景品問屋が換金所から景品を買い取りパチンコ屋に卸すと言った「三店方式」(四点方式もあり)で上記の規制から逃れています。

いわゆる「グレーゾーン方式」です、決してホールがその行為に直接タッチしていない「建前」での営業です。

もちろん実質的には脱法行為ですが、風適法は主に俗に言う「飲む・打つ・買う」の欲望の渦巻く風俗産業を対象にした関連法律です。

営業時間を厳格に守る飲み屋は少ない、お金を賭けさせないマージャン屋は見たことない、女性・・・・・・・ない、これは厳しすぎるのも良くないので「まあまあこの辺位までは目をつぶっておこう」の意味合いを感じます。

長期間の日本の庶民的ギャンブル娯楽産業です、そして「大きく成長したワークエリア」でもあります。

「建前」であろうがなんだろうが、警察は見逃している訳でなく法律違反の「根拠」がないの立場です。

天下りなど強く業界との結びつきがあるのでしょうが、それらはこの業界だけが特別ではではないのです。

それを決める立場の人達が、これを強く禁止する事が、いろんな意味で決して得策ではないとの見識なんでしょう。

また「打つ」行為を厳しく禁止すれば必ず闇に潜ります、これはアウトローの専売特許となりますし税金徴収も困難になります。

自分は、これで良いのだーでなく、これが禁止されれば、なにがしかのギャンブルが出てくると思います。

他のギャンブルが同じ方式で良いのか、これは認められないでしょう、風適法規制内(遊技機検査などの関連法もあり)のパチンコ・パチスロだから許されるものですね。

そんな理由からパチンコ・パチスロのホールは「建前」では遊技場である以上、法律違反はしていませんね。
(この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)



 




この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL



この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する